日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御

エコカー 燃費

日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
  • 日産、エンジン新技術を投入…バルブタイミングとリフト量を制御
日産自動車は29日、エンジンのバルブの作動角とリフト量を連続的に可変制御するVVELとC-VTCを組合せ、同社が目指す究極のパワートレインコンセプト「ハイレスポンス・高出力・低燃費・クリーンな排出ガスの高次元でのバランス」を実現するエンジンをグローバルに投入開始すると発表した。

同社は昨年12月に発表した「ニッサン・グリーンプログラム2010」で、CO2排出量を約10%低減させる技術としてVVELを2007年度からグローバルに搭載していく計画を公表しているが、2007年4月のニューヨークオートショー(ニューヨークモーターショー)で発表するインフィニティ『G37クーペ』がその搭載第一弾となる。

通常のエンジンはスロットルバルブで吸入空気量をコントロールするが、VVELはアクセルペダルの踏み込み量に応じて、エンジンの吸気バルブの作動角とリフト量を連続的に可変制御し、吸気バルブで直接吸入空気量をコントロールする。さらにC-VTCと組み合わせることで、バルブのリフト量・作動角・位相の全てをコントロールすることが可能で、バルブタイミングとリフト量の自在な制御が可能となる。

これにより、吸気抵抗(ポンピングロス)の低減及び吸入空気の応答性を飛躍的に向上させ、動力性能(レスポンス、出力)の向上と環境性能(低燃費、クリーンな排出ガス)を高次元で両立させたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集