スズキ、GMとの合弁工場製SUVを中南米へ輸出開始

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ、GMとの合弁工場製SUVを中南米へ輸出開始
  • スズキ、GMとの合弁工場製SUVを中南米へ輸出開始
スズキと米ゼネラルモーターズ(GM)のカナダにおける自動車組み立ての合弁会社CAMI(カミ・オートモーティブ・インク)社は、同社が生産したスズキブランドの中型クロスオーバーSUV『XL7』の中南米向け輸出を開始したと発表した。

XL7は、スズキが2006年4月にニューヨーク・オートショーで発表、同年10月からアメリカ、カナダで販売開始した7人乗りの中型クロスオーバーSUV。エンジンはスズキの相良工場で生産した3.6リットルDOHC、V6エンジンを搭載している。

現在CAMI社では、スズキブランドのXL7、およびGMのSUVシボレー『エクイノックス』とポンティアック『トレント』を生産している。

CAMI社では、メキシコをはじめとするスズキの中南米諸国の代理店向け輸出に続いて、今後は他の地域への輸出も検討する。2007年のXL7の生産計画台数は4万5000台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集