国道を横断の男女、はねられ死亡

自動車 社会 社会

19日未明、埼玉県和光市内の国道254号で、道路を横断していた歩行者2人が走行してきたクルマにはねられて死亡する事故が起きた。2人をはねたクルマはそのまま逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

埼玉県警・朝霞署によると、事故が起きたのは19日の午後10時45分ごろ。和光市広沢付近の国道254号で、上り線側から道路を横断しようとしていた40-50歳代とみられる男女が、下り線を走行していた乗用車に次々とはねられた。

クルマは停車することなく、そのまま次の交差点を左折して逃走。上り線側を走行していたクルマの運転者が事故を目撃して消防に通報したが、救急隊員の到着時には2人ともすでに死亡していた。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場は片側2車線で見通しの良い直線区間。現場には信号や横断歩道はなく、交通量が多いことから横断は禁止されていた。死亡した男女の身元は不明で、警察では身元特定を急ぐ方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集