一時停止標識を見落として出会い頭衝突 2人死亡

自動車 社会 社会

17日夕方、滋賀県長浜市内の市道で、軽乗用車と普通トラックが出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車が大破。乗っていた2人が死亡している。警察では翌日までにトラックを運転していた32歳の男を逮捕している。

滋賀県警・長浜署によると、事故が起きたのは17日の午後5時40分ごろ。長浜市川道町付近の市道交差点で、55歳の男性が運転する軽乗用車と、32歳の男が運転する普通トラックが出会い頭に衝突した。

衝突によって軽乗用車は大破。運転していた男性と、同乗していた53歳の男性は近くの病院に収容されたが、2人とも胸部強打などが原因で間もなく死亡した。警察ではトラックを運転していた男を18日に業務上過失致死容疑で逮捕している。

現場は信号機が設置されていない交差点。通行の優先権は軽乗用車側にあった。トラックを運転していた男は調べに対して「一時停止の標識に気がつかなかった」などと話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集