犬の散歩中にクルマを傷つけていた男を逮捕

自動車 社会 社会

滋賀県警は17日、駐車中のクルマを狙い、石を使って車体に傷をつけていた50歳の男を器物損壊の現行犯で逮捕した。現場付近では同様の事件が相次いでおり、警察では余罪についても調べを進めている。

滋賀県警・大津北署によると、逮捕された男は17日の午前7時30分ごろ、大津市真野4丁目付近の駐車場に侵入し、駐車されていた普通トラックの左側面部を石でひっかいて傷を付けた疑いがもたれている。

付近では同様の事件が数件発生。いずれの現場近くでも犬を散歩する男が目撃されていたことから、周辺の張り込みを行っていたところ、男がトラックに傷を付けているところを現認したことから逮捕したという。犯行当時も男は飼い犬を散歩させている最中だった。

警察では逮捕した男を厳しく追及。余罪についても調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集