【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
  • 【ホンダ モータースポーツ07】07チャレンジャーやチャンプ車も登場
ホンダ(本田技研工業)は19日、「2007 Honda Racing体制発表記者会見」を東京プリンスホテルパークタワーにて開催。その後、第2部として「2007 Honda Racing Kick Off Party」を行った。パーティ会場にはマシンやエンジンなどが展示された。

まず、目を見張ったのが、カーボン地の黒のままの2007年仕様のSUPER GT(スーパーGT)マシン『NSX-GT』。シャシーの型式(名称)は「NA2」、全長×全幅は4610×2000mm、重量は1100kg以上。エンジンは型式が「C32B」(DOHC VTEC)ベース、形式は水冷V型6気筒縦置き 自然吸気、排気量は3494cc、最高出力は500馬力以上となっている。

そして2007年を戦うホンダパワーといえば、F1用の「RA80E」。こちらは、排気量が2.4リットル、エンジン形式がV型8気筒(自然吸気)、Vアングルが90度、最高出力が700馬力以上、エンジン回転数が1万9000rpm(レギュレーション規制)、バルブ駆動方式が4バルブ/1気筒(エアバルブ)、インジェクションが「Honda PGM-FI」、スロットル制御方式が電子油圧制御、イグニションが「Honda PGM-IG」となっている。

そのほか、2007年のMotoGPマシン「RC212V」や、2006年のF1ハンガリーGPでジェンソン・バトン選手が優勝した時のマシン「RA106」、インディカー、各種2輪なども展示されていた。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集