西川ゴム工業の持分法適用会社が部品メーカー2社を吸収合併

自動車 ビジネス 企業動向

西川ゴム工業は、持分法適用会社の西川化成が開いた臨時株主総会で、広島にある自動車部品メーカーのジー・ピー・ダイキョーとダイキョーニシカワとの合併が承認された。4月1日付けで合併する。

西川化成が存続会社となってジー・ピー・ダイキョー、ダイキョーニシカワを吸収合併する。合併新会社は社名を「ダイキョーニシカワ」となる。

西川ゴム工業は西川化成に29.1%を出資しているが、新会社の出資比率は17.6%になる見通し。今回の合併が西川ゴムの決算に与える影響は未定としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集