東洋ゴム、通期見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向
東洋ゴム工業は、2007年3月期の連結決算業績見通しを下方修正した。

売上高は3200億円で前回発表したものを据え置いたが、経常利益は100億円を見込んでいたが、60億円に下方修正した。

当期純利益は110億円を見込んでいたが、82億円に下方修正した。

為替レートは想定していたよりも円安で推移しているものの、北米タイヤ市場での競争激化や暖冬による国内冬用タイヤの需要低迷、化工品事業と自動車部品事業の収益改善の遅れなどにより、経常利益、当期純利益ともに予想を下回る見通しとなったためとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集