オートウェーブ4−12月期連結決算…用品販売不振で営業赤字に

自動車 ビジネス 企業動向

オートウェーブが発表した2006年4−12月期の連結決算は営業損益が5億1300万円の赤字に転落した。

売上高は同8.2%減の190億7800万円で減収だった。自動車用品業界で、主力のカーナビやカーオーディオなどが新車装着率が上がった影響で、用品販売が低迷した。また、晴海店の閉鎖で売上げが低迷、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどが暖冬の影響で大幅な減収となった。

売上げのマイナスや販促費用の増、新店開店に伴う初期費用の増加で、前年同期に1億1700万円あった営業利益は赤字に転落した。経常損益も4億800万円の黒字から2億8000万円の赤字に転落した。

当期純損益は前年同期の1億4400万円の黒字から1億7200万円の赤字に転落した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集