駐車中の大型トレーラー盗まれる 目当ては積荷の銅板か

自動車 社会 社会

12日深夜、福島県いわき市内のトラックターミナルで、駐車場内に置かれていた大型トレーラーが盗まれる事件が起きた。このトレーラーには銅板約20トン(時価1500万円相当)が積載されており、警察ではこれを狙った犯行と見ている。

福島県警・いわき東署によると、警察が事件発生を認知したのは12日の午後10時ごろ。いわき市泉町下川のトラックターミナルに駐車されていた大型トレーラーが無くなっていることに運転手が気づいて警察に通報した。

トレーラーには約20トン分の銅板と、劇薬物に指定されている硫酸銅約2トン(20kg×100袋)が積載されていた。時価はあわせて約1560万円。トレーラーは12日の午前にいわき市小名浜の工場を出発。時間調整のためにトラックターミナルに入り、午後10時に会津若松市内に向けて再び出発する予定だったという。

警察ではトレーラー自体というより、世界的に価格が高騰している銅板を狙ったものとみて、窃盗事件としての捜査を開始。トレーラーが盗まれた時間の特定を急いでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集