ミクニの通期見通し、収益を下方修正 品質保証費用増大など

自動車 ビジネス 企業動向

ミクニは、2007年3月期連結決算の業績見通しで、収益を下方修正した。

売上高は910億円を予想していたが、自動車関連部品と航空機用部品が予想以上に好調で、20億円増の930億円に上方修正した。

一方で、経常利益は33億円を予想していたが、27億円に下方修正した。当期純利益も17億円から14億円に下方修正した。銅や亜鉛などの原材料価格が想定していたよりも高止まりしているのに加え、主に自動車関連品の品質保証に関する費用が増加して収益率が悪化する見通しのため。

期末配当の1株当たり11円は継続する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集