東日カーライフ4−12月期連結決算…販売低迷、売上げ約2割減

自動車 ビジネス 企業動向

東日カーライフグループが発表した2006年4−12月期の連結決算は、売上高が前年同期比9.2%減の823億8300万円と減収だった。

主力の自動車関連事業が同8.3%減の731億900万円と落ち込んだためで、不動産関連事業、情報システム関連事業も低迷した。

期中の新車販売台数はグループの東京日産の販売が低迷し、同21.0%減の1万8825台、中古車販売台数は新車販売低迷による下取り車の減少が影響し、同5.1%減の2万866台、サービス売上げが同3.9%増の126億9700万円だった。

通期業績見通しは、1月15日公表のものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集