関西ペイント4−12月期連結決算…アジアの自動車用などが好調で増益

自動車 ビジネス 企業動向

関西ペイントが発表した2006年4−12月期の連結決算は、自動車用塗料などが好調で営業利益が前年同期比16.8%増の163億1300万円と大幅増益となった。

売上高は同10.0%増の1714億5900万円と、2ケタの増収だった。主にアジア地域での自動車塗料、工業塗料の売上げが伸びたのが主因だ。

利益面では、原材料価格は依然として高止まりしているが、売上げの伸びや経営全般の合理化・効率化に取り組んだ結果、増益となった。経常利益は同11.9%増の184億1100万円、当期純利益は同15.7%増の102億8000万円となった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集