豊田自動織機、フォークリフト事業の人材育成

自動車 ビジネス 企業動向

豊田自動織機は、同社の基幹事業である産業車両事業の拡大を目指して、国内外の販売店の営業人材およびサービス人材育成のための研修施設を愛知県半田市に建設すると発表した。

2月8日に建設用地で地鎮祭を執り行い、8月から利用を開始する予定。

豊田自動織機はフォークリフトの世界販売では、2006年は過去最高の18万8468台を販売し、中期的には、2010年に25万台の販売を計画している。計画達成に向けグローバルに事業を拡大させるため、営業・サービス分野において高い専門知識と能力を持つプロフェッショナルな人材の育成が最重要課題と位置づけている。

昨年6月、同社は販売店の営業・サービス品質向上を目指し、教育の専門組織「L&Fトレーニングセンター」を立ち上げ、新たな教育カリキュラムを構築して国内外の販売店への展開している。営業研修では、新人からマネージャーまでステップに応じて必要なスキル・知識を、グループディスカッションやロールプレイングを交えながら学ぶ。サービス研修では、実機やシミュレーターを活用した実習により、メンテナンス技術・修理技術の向上を図る。

また、同センターは、各販売店の教育トレーナーの育成に注力するとともに、教育制度の運営、教材の開発・提供や各種検定試験の実施を通じて、販売店におけるスタッフ育成の支援を推進している。

新しい研修施設の主な設備は、150人が収容できる大会議室、講義・グループディスカッションを行う教室や、フォークリフトおよび物流システムの実習場を備える。また、宿泊研修のための設備や、講師および研修生同士が集まれるコミュニケーションエリアも充実させる。

現在、既存施設で一部の講座を開講しており、新施設では、さらにプログラムを充実させて、2007年度は約130講座を開講し、年間の受講者は約1600人の予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集