国道バイパスを横断の女性、複数台のクルマにはねられ死亡

自動車 社会 社会

1日未明、埼玉県熊谷市内の国道140号バイパス上り線で、道路を横断しようとしていたとみられる女性が複数台のクルマにはねられて死亡する事故が起きた。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

埼玉県警・熊谷署によると、事故が起きたのは1日の午前1時30分ごろ。熊谷市武体付近の国道140号バイパス上り線を通り掛かったクルマの運転者から「道路の中央に人が頭から血を流して倒れている」との通報が寄せられた。同署員が現場に急行し、第1車線と第2車線の間に倒れている女性を確認。女性は近くの病院に収容されたが、頭部強打などが原因で間もなく死亡した。

後の調べで、この女性は江南町内に在住する32歳の女性と判明した。この女性の知人宅が現場近くにあり、女性は道路を横断しようとしてクルマはねられたものとみられている。

女性の着衣には複数台のクルマにはねられたような痕跡もみられることから、警察では死亡ひき逃げ事件として、現場から逃走した車両の行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集