電動車いすが踏切から進入、列車と衝突

自動車 社会 社会

1月31日午前、兵庫県西宮市内の阪急電鉄神戸線の踏切で、遮断機が作動した後に電動車いすが進入し、通過していた特急列車と衝突した。車いすは約100mに渡って引きずられ、乗っていた高齢者の男性が即死している。

兵庫県警・西宮署によると、事故が起きたのは1月31日の午前11時30分ごろ。西宮市大森町付近にある阪急神戸線西宮北口〜武庫之荘駅間の踏切で、警報機と遮断機が作動した以後に電動車いすが進入してくるのを特急列車(梅田発、新開地行き、8両編成)の運転士が発見。緊急ブレーキの操作を行ったが、間に合わずに衝突した。電動車いすは約100mに渡って引きずられ、乗っていた高齢者の男性は全身を強打して即死。列車の乗客や乗員にケガは無かった。

調べに対して列車の運転士は「列車が通過する直前、遮断機を押しのけて踏切内に入った」と証言。現場の踏切は歩行者専用で、障害物を検知して列車側の信号を赤にするセンサーなどは装備されていなかった。

警察では死亡した男性の身元調べを急いでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集