高速道路のETC不正通行者を送検 富山県警

自動車 テクノロジー ITS
NEXCO中日本(中日本高速道路)は、富山県警が1月30日に、ETC車載器を使って料金所を不正に通行したドライバーを富山地方検察庁に書類送検したと発表した。

NEXCO中日本によると、今回書類送検されたドライバーは、実際のクルマは「普通車」にも係らず、通行料金が安い「軽自動車」のデータを登録したETC車載器を取り付け、定められた通行料金より安い通行料金で、不正な通行を繰り返していた。その回数は、2005年10月から2006年7月までの間に400回以上に及んだ。

2005年10月に道路整備特別措置法が改正され、不正通行をしたドライバーには刑事罰を科せられるようになった。また、道路事業者からは不正通行者には免れた通行料金と割増金(免れた通行料金の2倍に相当する額)を徴収されることになる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集