「今まで免許を取ったことはない」とする80歳を逮捕

自動車 社会 社会

山形県警は26日、日常的に無免許運転を繰り返していたとして、80歳の男を道路交通法違反の現行犯で逮捕した。男は「これまでに免許を取ったことは一度もない」と供述しているという。

山形県警・村山署によると、この男は26日の午前10時30分ごろ、同署が東根市東根付近で行っていた交通検問において、シートベルト未着用のまま走行していたところを署員が発見した。クルマを抑止し、運転免許証の提示を求めたところ、男は「持っていない」と供述。その後の調べで無免許であることがわかった。

交付記録が無いことから署員が再確認したところ、男は「これまでに一度も免許を取ったことがない」と供述。年齢から想定すると数十年間に渡り、日常的に無免許運転を行っていた可能性が高くなった。

それまでの間は無事故無違反だったようだが、警察では「全国的にもこれほどの長期無免許はあまり例がないのではないか」としている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集