正面衝突を起こしたクルマ、そのまま逃走

自動車 社会 社会

24日未明、青森県平川市内の県道で、対向車線側に逸脱した乗用車が、順走していた別の乗用車と正面衝突する事故が起きた。双方のクルマは中破し、順走車を運転していた女性が軽傷を負ったが、逆走してきたクルマはそのまま現場から逃走した。

青森県警・黒石署によると、事故が起きたのは24日の午前0時ごろ。平川市本町平野付近の県道で、走行中の乗用車が対向車線側に逸脱。順走してきた46歳女性運転の乗用車と正面衝突した。

双方のクルマは中破。順走車を運転していた女性は胸部打撲などの軽傷を負ったが、逆走車はそのまま現場から逃走。警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場は片側1車線の直線区間。凍結した路面にハンドルを取られてスリップした可能性が高いが、容疑車両は現場から逃走していることから、飲酒運転など他の要因も事故に結びついた可能性があるとして、このクルマの行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集