椿本チエイン、米国事業を再建

自動車 ビジネス 企業動向

椿本チエインは、連結子会社のTsubaki Conveyor of America(TCA)を同じく子会社のU.S. Tsubaki(UST)に事業を譲渡すると発表した。TCAは事業譲渡後、解散する。

TCAはマテハン事業の北米拠点として輸送機装置の製造・販売を行ってきたものの、今期に一過性の多額の特別損失を計上したため、債務超過となっている。椿本チエインでは、米国事業を強化するため、TCAをUSTに譲渡することにした。両社とも100%出資子会社。

USTは各種動力伝動装置の製造・販売を行っている。3月31日に事業を譲渡して、9月末までに清算を完了する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集