女性を車内に監禁、キャッシュカード奪う

自動車 社会 社会

22日深夜、神奈川県相模原市内の駐車場で、21歳の女性が強引にクルマへ乗り込んだ男に車内監禁され、キャッシュカードを使って引き出された現金を奪われる事件が起きた。警察では強盗や逮捕監禁の容疑で調べを進めている。

神奈川県警・相模原北署によると、事件が起きたのは22日の午後10時35分ごろ。相模原市橋本2丁目付近にある駐車場で、21歳の女性が自分の軽乗用車に乗り込んだところ、後部座席に強引に乗り込んできた男が「騒ぐな」などと言いながら刃物を突きつけた。

男は女性の手足をロープで縛り、顔にはポリ袋のようなものを被せて後部座席に監禁。キャッシュカードを奪って暗証番号を聞き出した後、男が約1時間30分に渡ってクルマを運転して連れ回し、出発した駐車場で解放された。この際、男は女性から運転免許証を奪ったという。女性にケガは無かった。

通報を受けた警察では強盗と逮捕監禁の容疑で捜査を開始。後の調べで女性の銀行口座からは26万円が引き出されていたことが判明している。同様の手口の事件は昨年12月にも発生しており、警察では関連を調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集