酒に酔い潰れた男性、クルマにはねられ死亡

自動車 社会 社会

21日未明、三重県名張市内の市道で、道路上に寝こんでいたとみられる男性がクルマにはねられて死亡する事故が起きた。男性は酒に酔い潰れたものとみられており、警察ではクルマを運転していた男性から詳しい事情を聞いている。

三重県警・名張署によると、事故が起きたのは21日の午前2時ごろ。名張市桔梗が丘3丁目付近の市道を走行していた24歳男性運転の乗用車が、路上に倒れていた男性をはねた。男性は頭部を強打しており、現場で死亡が確認されている。

死亡したのは奈良県桜井市内に在住する48歳の小学校教諭の男性。男性は20日の午後6時ごろから奈良県橿原市内の飲食店で約5時間に渡って飲酒。その後は近鉄八木駅から列車に乗ったとみられている。以後の足取りはわかっていないが、男性は終点まで寝過ごしてしまい、桔梗が丘駅で下車。道路を歩いているうちに路上で寝こんでしまったとみられている。

警察ではクルマを運転していた男性から業務上過失致死容疑で事情を聞いているが、現場は街灯の途切れた場所で、直前まで男性が倒れていることに気づかなかったと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集