小学生児童の列に追突車が突っ込む

自動車 社会 社会

19日朝、福島県会津美里町内の国道401号で、歩行者の横断待ちのために停車していた軽トラックに対し、後ろから走ってきた乗用車が追突した。軽トラックは押し出され、集団登校していた小学生児童の列に突っ込んで接触。児童3人が軽傷を負った。

福島県警・会津美里署によると、事故が起きたのは19日の午前7時35分ごろ。会津美里町吉田字小山付近の国道401号で、63歳の男性が運転する軽トラックが歩行者の横断待ちのために停車していたところ、後方から走ってきた乗用車が追突。軽トラックは前方に押し出され、集団登校中の児童の列に突っ込んだ。

押し出された軽トラックとは児童3人が接触。いずれも打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されて手当てを受けている。軽トラックを運転していた男性も頚部打撲の軽傷を負った。

警察では乗用車を運転していた28歳の男を業務上過失傷害の現行犯で逮捕している。警察では事故の状況を調べているが、前方不注意に加え、凍結路面の影響でブレーキを掛けた後もスリップしたものとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集