追突事故を起因に横転、ワゴン車の9人が死傷

自動車 社会 社会

16日朝、東京都江戸川区内の首都高速湾岸線西行きで、走行中の大型トレーラーに対し、車線変更してきたワゴン車が接触。その弾みでワゴン車は中央分離帯にも衝突して横転した。ワゴン車に乗っていた9人が重軽傷を負っている。

警視庁・高速隊によると、事故が起きたのは16日の午前7時ごろ。江戸川区臨海町付近の首都高速湾岸線西行きで、車線変更してきたワゴン車が大型トレーラーに接触。弾みで中央分離帯にも衝突して横転した。

ワゴン車には運転者を含めた男性9人が乗車していたが、1人が車外に放出されてクルマの下敷きとなり、全身強打で間もなく死亡。他の8人も打撲などの軽傷を負った。前部座席以外の乗員はシートベルトを着用していなかったとみられる。

警察では事故発生の原因を調べているが、衝突痕などからワゴン車は車線変更をした直後にトレーラーに追突されるような状態になったとみられる。警察ではワゴン車が後続車の速度を考慮しないまま車線変更を開始した可能性が高いとみている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品