無車検・無保険の発覚を恐れて逃走

自動車 社会 社会

6日夕方、三重県伊賀市内の国道25号で、パトカーに追跡されていた乗用車が赤信号を無視して交差点に進入し、他のクルマと衝突する事故が起きた。このクルマは追跡してきたパトカーを相手とする事故も起こしており、警察は40歳の男を逮捕している。

三重県警・伊賀署によると、事故が起きたのは6日の午後4時15分ごろ。伊賀市服部町付近の国道25号で、赤信号を無視して交差点に進入してきた乗用車と、青信号に従って交差道路を走ってきた乗用車と出会い頭に衝突したが、運転の女性にケガは無かった。

クルマはそのまま逃走。追跡してきたパトカーとも接触事故を起こしたがさらに逃げ続けた。その後、同署が周辺の捜索を実施したところ、現場から2kmほど離れた市道でガス欠を起こして立ち往生している容疑車両を発見。運転していた40歳の男が逃走の事実を認めたため、道路交通法違反(当て逃げ)の容疑で逮捕した。

男の乗っていたクルマは車検と保険が切れており、事故の直前に巡回中の警察官がこれを発見して職務質問を実施していたという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品