無免許の発覚恐れて検問突破の少年を逮捕

自動車 社会 社会

宮城県警は25日、原付バイクで交通検問を突破する際、これを阻止しようとした警察官をはねて重傷を負わせたまま逃走していた16歳の少年を業務上過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕した。

宮城県警・仙台東署によると、事故が起きたのは22日の午後11時25分ごろ。同署が仙台市宮城野区扇町1丁目付近の市道で交通検問を実施していたところ、1台の原付バイクが停止命令を無視し、加速してこれを突破しようとした。

41歳の巡査長がこれを制止したが、バイクは巡査長に衝突。巡査長は左足を骨折する重傷を負ったが、バイクは現場からそのまま逃走していた。

居合わせた他の警官がバイクのナンバーや運転者の特徴を記憶しており、捜索を続けた結果、仙台市太白区内に住む16歳の少年が容疑に関与したと判断。任意で事情聴取を行ってきたところ容疑を大筋で認めたため、逮捕に踏み切った。

少年は無免許で、乗っていたバイク自体も盗難車とみられている。警察の調べに対しては「検問で警官に当たったけど絶対に逃げ切れると思っていた」などと供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集