前を走る自転車に立腹、中学生を殴った男を逮捕

自動車 社会 社会

24日午後、奈良県奈良市内の国道308号で、自転車2台に分乗していた中学生5人が走行を巡るトラブルから21歳の男に殴られ、このうち1人が軽傷を負う事件が起きた。警察ではこの男を傷害容疑で逮捕している。

奈良県警・奈良署によると、事件が起きたのは24日の午後1時20分ごろ。奈良市平松5丁目付近の国道308号で、自転車2台に分乗していた中学生5人に対し、この自転車を軽ワゴン車で追い越した男が「どこを走っているんだ」と因縁をつけた。

男はその後、この5人に対して殴りかかり、うち1人が耳などを切る軽傷を負ったが、通報を受けて駆けつけた同署員に傷害の容疑で逮捕されている。

逮捕されたのは生駒市内に住む21歳の男。警察の調べに対しては「前を走っていてジャマだった」などと供述。警察では交通トラブル絡みの傷害事件として捜査を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集