居眠り運転か、見通しの良い直線路で正面衝突

自動車 社会 社会

23日午後、群馬県中之条町内の国道353号で、対向車線側に逸脱してきた乗用車と普通トラックが正面衝突する事故が起きた。乗用車は大破し、運転していた18歳の男性が全身強打で死亡している。

群馬県警・吾妻署によると、事故が起きたのは23日の午後2時5分ごろ。中之条町市城付近の国道353号で、走行中の乗用車が蛇行しながら対向車線側に逸脱。直後に順走してきた普通トラックと正面衝突した。

衝突によって乗用車は大破。運転していた18歳の男性は頭などを強打。病院に収容されたが間もなく死亡した。トラックを運転していた32歳の男性も足などを打撲する軽傷を負っている。

現場は見通しの良い直線区間。トラックを運転していた男性は警察の事情聴取に対して「ふらふらと蛇行してきたのでクラクションを鳴らし、衝突は避けられないと思ってブレーキを掛けたが、乗用車は速度を維持してぶつかってきた」と証言している。警察では居眠り運転の可能性が高いとして、死亡した男性が勤務していた職場の関係者から事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集