三菱ふそう、中国の建設機械展にハイブリッド車を出展

自動車 ビジネス 企業動向

三菱ふそうトラック・バスは、11月21日から24日の4日間、中国上海市で開催中の建設機械展「バウマ・チャイナ2006」に最先端の産業エンジンとともに、小型トラック 『キャンターエコハイブリッド』を出展したと発表した。中国でのエコハイブリット車の展示は今回が初めて。

同社は、ショベルやクレーンなど建設機械用を主とした産業用ディーゼルエンジンのフルラインアップを長年にわたり販売し、高い評価を得ている。今回は、40−250kWクラスのエンジンを含む6台の産業用エンジンを展示し、今後需要の拡大が見込まれる中国市場で積極的に拡販を図っていく方針だ。

バウマ・チャイナ2006は、国際建設機械、建設資材製造機械、建設用車輌等の展示会で、今年で3回目の開催となる。2004年の前回開催では出展社数は27ヵ国から742社、来場者数は100カ国以上から5万人を超えたが、引き続き中国市場への関心は非常に高く、今回は前回を更に上回る見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集