GSユアサバッテリー中間期の連結決算、業績見通しを上方修正 海外好調

自動車 ビジネス 企業動向

GSユアサバッテリーは、2006年9月中間期の連結決算の業績見通しを上方修正した。

売上高は1150億円を予想していたが、1200億円に上方修正した。これは主に海外部門で、国内電池電源部門が予想以上に好調だったため。

売上げの増加に伴って、経常利益は10億円から11億円に上方修正した。中間純利益は、2007年1月1日に予定している事業子会社再編に伴う税効果が見込みを上回るため、5億円から10億円にそれぞれ上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集