昭和シェル石油1−9月期、大幅増収ながら大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向

昭和シェル石油は、2006年1−9月期(第1−3四半期)連結決算で、売上高は前年同期比35.2%増の2兆1783億円と大幅増収になったものの、営業利益は同12.2%減の683億円と2ケタの減益となった。

国内向けのガソリン販売数量は順調に推移し、増加した。灯油・軽油・A重油の販売数量は軽油が増えたため、同2.4%増だった。販売数量の増加と、原油価格上昇に伴う卸価格の値上げで、大幅増収となった。しかし、製品コスト上昇分のSS店頭価格への転嫁が8月半ばから下落した影響で、収益率が悪化した。

経常利益は同9.9%減の693億円、当期純利益が同7.9%減の420億円だった。

通期の業績見通しは、売上高が2兆9000億円、経常利益700億円は据え置いたが、当期純利益は従来予想よりも10億円増の420億円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集