漫然と発進したパトカー 信号無視で衝突

自動車 社会 社会

5日午前、石川県内灘町内の町道で、パトカーと軽乗用車が交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。パトカー側の信号無視が原因とみられ、軽乗用車を運転していた56歳の女性が軽傷を負っている。

石川県警・津幡署によると、事故が起きたのは5日の午前11時ごろ。内灘町鶴ケ丘3丁目付近の町道で、信号待ちをしていたパトカーが突然発進。そのまま交差点内に信号無視の状態で進入。交差道路を走行してきた軽乗用車と出会い頭に衝突した。

軽乗用車は衝突によって中破。運転していた56歳の女性が打撲などの軽傷を負ったが、パトカー側の2警官にケガはなかった。

警察ではパトカーを運転していた52歳の警部補から業務上過失傷害や道路交通法違反(信号無視)の容疑で事情を聞いているが、調べに対して警部補は「信号が青に変わったと勘違いしてアクセルを踏み込んでしまった」、「考えごとをしていた」などと供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集