対向車線側の電柱に衝突、1人死亡 居眠り運転か

自動車 社会 社会

4日早朝、栃木県那須塩原市内の市道を走行中の乗用車が対向車線側に逸脱し、そのまま道路右側の電柱に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、運転していた男性が死亡している。

栃木県警・那須塩原署によると、事故が起きたのは4日の午前5時10分ごろ。那須塩原市塩野崎新田付近の市道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。そのまま道路右側の電柱に衝突した。

この事故によってクルマは大破。運転していた42歳の男性は近くの病院に収容されたものの、胸部強打が原因で間もなく死亡している。

現場は見通しの良い直線区間。警察では居眠り運転などが事故の直接原因とみて調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集