VTホールディングスが最終赤字、無配に転落

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ系のディーラーなどを展開するVTホールディングスは、2007年3月期連結決算の業績見通しを下方修正し、最終損益が赤字転落する見通しを発表した。

同社の子会社のアイコーエポックの省電力装置の製造販売事業が、当初計画を下回ったことや債権の回収可能性を見直したことなどから、中間期にアイコーエポックの保有する全固定資産の減損損失、貸倒引当金繰入などの特別損失が発生したため、下方修正した。

通期の見通しで売上高は予想よりも30億円マイナスの1030億円に下方修正し、経常利益は1億3000万円プラスの28億円に上方修正した。しかし、当期損益は12億円の黒字から、14億4000万円の赤字に下方修正した。

これに伴って、前年に1株当たり4.4円だった中間期、期末の配当も無配に転落する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集