伊藤忠商事、いすゞ優先株の転換請求

自動車 ビジネス 企業動向

伊藤忠商事は、保有するいすゞ自動車のI種優先株式全てを普通株式交付の請求を行い、一部をトヨタ自動車に売却すると発表した。

トヨタといすゞが、資本・業務提携することで合意したのを受けた措置。取得請求するI種優先株式は、822万5000株で、交付の請求を行う普通株式数は1億2184万8000株。保有するいすゞの普通株式及び転換後の優先株式の合計1億7000万株のうち、4000万株をトヨタに売却する。

売却後のいすゞの保有株式は1億3009万9000株となる。

同社はいすゞとの資本関係を維持し、協業を拡大していく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集