ゴーン社長、新たなパートナー探しを迫られているわけでない

自動車 ビジネス 企業動向
ゴーン社長、新たなパートナー探しを迫られているわけでない
  • ゴーン社長、新たなパートナー探しを迫られているわけでない
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は26日の中間決算発表の席上、決裂した米GM(ゼネラルモーターズ)との提携交渉の経緯を説明するとともに日産が「新たな(提携)パートナーを探す必要に迫られているわけではない」と強調した。

さらにパートナーを「求めているわけでも、働きかけているわけでもない」と述べた。その一方で、他企業との提携がもたらす価値を考えると「(アライアンスの)可能性を模索することは、ステークホルダーに対する責任」とも語り、案件に応じて提携を検討する考えも示した。

GMとの提携の検討では「大きなシナジー効果の可能性があった」ものの「とにかく意見が一致しなかった」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • ルノー・日産がGMとの提携を中止 画像 ルノー・日産がGMとの提携を中止
  • トヨタ、GMとも日産とも関係継続を望む 画像 トヨタ、GMとも日産とも関係継続を望む
  • ボルボ、日産ディーゼルへの出資比率47%の可能性 画像 ボルボ、日産ディーゼルへの出資比率47%の可能性
  • 日興グループ、豪州自動車リース会社を買収 画像 日興グループ、豪州自動車リース会社を買収

特集

おすすめのニュース