三井金属、自動車用触媒の製造拠点を中国に設立

自動車 ビジネス 企業動向
三井金属鉱業は、中国で自動車用排出ガス触媒を生産する工場を建設すると発表した。2007年10月から操業する予定。
 
同社は、二輪車と四輪車向けの排出ガス浄化用触媒を生産・販売している。今回、中国に「三井金属(珠海)環境技術有限公司」を設立し、主に二輪車用の触媒を生産し、日系二輪車メーカーや大手のローカル企業向けに供給する。する。
 
新会社は資本金が350万米ドルで、三井金属鉱業が100%出資する。人員は当面50人。
 
中国の広東省珠海市の工業団地に、年間400万個の触媒を生産する能力を持つ工場を建設する。
 
進出する工業団地には、三井金属鉱業の銅箔事業の拠点、三井銅箔(広東)がすでに進出しており、この敷地内の有給地に工場を建設する予定だ。
 
同社の海外の触媒製造拠点はタイ、インドに次いで3拠点目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • バイオ燃料がテーマ…日中ラウンドテーブル 画像 バイオ燃料がテーマ…日中ラウンドテーブル
  • アウディ、中国セールス満足度3年連続トップ 画像 アウディ、中国セールス満足度3年連続トップ
  • ホンダ、中国の沙漠に植林ボランティアを派遣 画像 ホンダ、中国の沙漠に植林ボランティアを派遣
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース