ブラインドゾーンが最も大きいSUV

エコカー 燃費

ブラインドゾーンが最も大きいSUV
  • ブラインドゾーンが最も大きいSUV
米『コンシューマーレポート』誌の調査によると、SUV、ミニバンなどで後方視界のブラインドゾーン、つまりドライバーが振り返っても目で確認できない場所が最も大きいのは、ジープ『コマンダー』だという。これは同誌が200車種以上のSUV、ミニバンなどを調査した結果。

このテストは、高さ約70cmのコーンを車両の後ろに置き、運転席からリアウィンドーを通して、どれくらいの距離でコーンが目視できるかを計測したもの。

もちろんブラインドゾーンはドライバーの身長によっても大きく左右される。例えばスバル『フォレスター』の場合、ドライバーが175cmならブラインドゾーンは3m弱だが、155cmだと3.6mとなる。しかしジープ・コマンダーの場合、175cmのドライバーで13m、155cmだと20mにも及ぶという。

『コンシューマーレポート』誌では、「ジープ・コマンダーのブラインドゾーンは他の車種に比べて非常に大きいことが懸念される」と語っている。

これに対しダイムラークライスラー側では、「コマンダーは数々の安全性テストで好成績を納めており、問題はないと認識している。しかし今回のテスト結果は、次の製品開発の際に考慮に入れる」とコメントした。

もちろんアメリカでも後方確認のためのリアビュービデオカメラは普及が進んでおり、コマンダーはナビゲーション、ビデオ込みのパッケージを1350ドルのオプションで販売している。

アメリカではSUVなどのブラインドゾーンに入り込み、命を落とす子供が年間100人以上、負傷者は7500人以上に上っている。そのため、『コンシューマーレポート』誌では03年以来こうしたブラインドゾーンの計測テストを継続しており、今後も消費者に警告を発していきたいという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集