BPカストロール、業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

BPカストロールは、2006年12月期の連結決算の業績見通しの収益を上方修正した。

通期業績見通しで、売上高は、主力の自動車用潤滑油の販売が低調で、当初の見通しよりも1億7300万円マイナスの133億6400万円に下方修正した。

収益面では、原油価格高騰によるコストアップはあったものの、高付加価値商品の新商品『EDGE』の販売が予想以上に好調だった。下半期も好調に推移する見通しから、経常利益は3億1700万円を予想していたが4億5000万円に上方修正した。当期純利益も3億6300万円から4億2400万円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集