VW、イオス をこの秋に日本導入へ

自動車 ニューモデル 新型車

VW、イオス をこの秋に日本導入へ
  • VW、イオス をこの秋に日本導入へ
  • VW、イオス をこの秋に日本導入へ
フォルクスワーゲングループジャパンは21日、『クロスポロ』の発表会場で、新型コンバーチブル・クーペの『イオス』(Eos)を、この秋に日本導入することにも触れた。

イオスは2004年春ジュネーブモーターショーで『コンセプトC』として出品され、その発展量産型として、この夏からヨーロッパでも発売が開始された。『ゴルフ』と『パサート』との間の市場セグメントに位置する、折りたたみ式ハードトップを備えたコンバーチブル・クーペモデルだ。

「イオス」と言うと我々日本人にはキヤノンのカメラが身近だが、「『イオス』はギリシャ神話の曙の女神の意味で、エオスとも発音しますが、日本ではイオスと言った方がなじみがありますよね。キヤノンにはお話ししてご理解頂き、日本でも『イオス』という名前で発売します」と広報部のドロテア・ガストナーさんは解説をした。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集