デンソー、ケンタッキー工場を増設してフューエルポンプを増産

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーは、米国のケンタッキー州にある生産拠点の「キョウサン・デンソー・マニュファクチュアリング・ケンタッキー」(KDMK)を拡張すると発表した。

米国で需要が拡大する自動車用フューエルポンプモジュールとその構成部品であるフューエルフィルタ、フランジの生産能力を増強するために、既存の敷地内に建屋面積約7850平方メートルの工場を増設する。総投資額は約2710万ドル(約31億円)。

KDMKは拡張に伴って7月に1600万ドル(約18億円)を増資した。 

増設する工場は、今年8月に着工し、2007年3月までに完成、同年6月に稼動する予定。今回の拡張により、KDMKは、売上が2005年度の7400万ドル(約84億円)から2010年度に1億6000万ドル(約180億円)まで増加する見込み。また、KDMKの従業員数は、現在の約280人から2010年までに約430人まで増やす予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集