ホンダ、アルゼンチン二輪車工場の開所式

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダのアルゼンチンの現地法人のホンダ・モトール・デ・アルへンティーナ・SAは、ブエノスアイレス州フロレンシオ・バレーラ市に設立した二輪車工場の開所式典を行った。式典にはアルゼンチンのキルチネル大統領らが出席した。

新工場の敷地面積は約6万8000平方メートルで建屋面積は約7000平方メートル。投資額は約105万USドル(約1億2000万円)。年間生産能力は1万5000台でスタートするが、設備の増設や増員により4万5000台まで拡大可能だ。

新工場では、現地で好調な販売が続いている『C105Biz』(カブタイプ)を生産するが、近い将来生産モデルの追加もを検討している。新工場は6月末に稼動を開始し、既に量産体制に入っている。

アルゼンチンの二輪車市場は、2002年に約1万3000台だったが、ここ数年で急速に拡大しており、2005年実績は、約18万7000台だった。ホンダの販売台数も2004年が約1万8000台だったのが2005年には約4万1000台に増えており、2006年は7万台の販売を計画している。

アルゼンチンの二輪車市場は今後もさらに拡大する見通しで、将来はブラジルに次ぐ南米第二の市場へと成長することが期待されており、ホンダは現地での生産体制を強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集