銅価格高騰で、住友電装が利益見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

住友電装は、原材料価格の高騰で、2006年9月中間期の連結決算の業績見通しで利益を下方修正した。

それによると、売上高は、自動車用ワイヤーハーネス及びハーネス用部品の受注が好調に推移しているため、前回予想の2100億円から、2300億円に上方修正した。しかし、想定をはるかに超える水準にまで銅価格が高騰しているため、経常利益は前回発表よりも40億円マイナスの35億円に、中間純利益は前回発表よりも25億円マイナスの15億円にそれぞれ下方修正した。

通期の業績見通しの修正については現在、とりまとめ中で、中間決算発表時までに公表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集