ホンダなど、脳活動でロボットを操作する技術を開発

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダなど、脳活動でロボットを操作する技術を開発
  • ホンダなど、脳活動でロボットを操作する技術を開発
  • ホンダなど、脳活動でロボットを操作する技術を開発
  • ホンダなど、脳活動でロボットを操作する技術を開発
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI)は、共同で新たな「ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)」を開発し、脳活動でロボットを操作する基礎技術を発表した。

この新技術はこれまでのBMI技術と異なり、脳への電極の埋め込みや特殊な訓練なし自然な脳活動を解読し、リアルタイムに近い速度でロボットを動かすことに、世界で初めて成功した。

新開発のBMIは、ATR脳情報研究所の神谷之康研究員が2005年5月に科学誌『ネイチャー・ニューロサイエンス』に発表し、2005年の「Scientific American 50」を受賞するなど、世界的に高い評価を受けている論文「ヒトの脳における視覚的・主観的内容のデコーディング〔復号化〕」の方法に基づいて、HRIとATRが共同で、ほぼリアルタイムに脳活動を解読し、ロボットを制御するシステムに発展させたもの。

今回はじゃんけん動作をロボットハンドに再現させる実験を行った。脳活動に伴う血流変化を計測するMRI装置を用いたため、人の動作から約7秒の時間差が生じるが、85%の正答率を達成することに成功した。

外部から脳を計測するには他に脳磁場・脳波などが考えられ、これらの計測法を利用することで今後時間差の大幅な短縮や、BMIシステムの小型化が期待できるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集