モトクロス世界選手権日本グランプリ…世界の強豪がSUGOでヒートアップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

去る21日にスポーツランドSUGOのモトクロスコースで、モトクロス世界選手権の第5戦目となる日本グランプリが開催された。世界選手権シリーズに組み込まれた同レースは、ヨーロッパ戦線でしのぎを削る世界ランカーがチャンピオン争いをかけて戦う頂上決戦。

モトクロスレースも二輪ロードレース同様、パワーユニットは環境にやさしい4ストローク化が進行中。従来からある2ストローク125ccは4ストローク250ccに、同250ccは450ccへとシフトして、より白熱したバトルが繰り広げられている。

そんな状況下、頂点のMX1クラス(2スト250/4スト450cc)では向かうところ敵無しのヤマハを駆るステファン・エバーツが完全勝利。日本勢では各国の強豪相手にアメリカ帰りの成田亮選手が大健闘。MX2クラス(2スト125cc/4スト250cc)では、スズキの小島選手やヤマハの尾崎選手が世界の強者達に果敢にアタックしていた。

5月晴れの陽気のなか、自然を満喫しつつモータースポーツに触れる…。そんな贅沢な時間を過ごせる貴重な空間、ぜひ来年はあなたも体感してみては?
《しおたによしふみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集