盗難されたタイヤ、位置情報端末が場所を知らせる

自動車 テクノロジー ITS

岡山県警は15日、岡山県岡山市内の自動車部品会社からホイール付きのタイヤ4本を盗んだとして、37歳の男を窃盗容疑で逮捕した。タイヤには警備会社が提供するGPS利用の位置情報端末が搭載されており、これが容疑者のいる場所を的確に示したという。

岡山県警・岡山南署によると、警察が事件発生を把握したのは15日の午前8時ごろ。岡山市内にある警備会社から「岡山市浦安南町にある自動車部品会社の社員からタイヤが盗まれたとの連絡が入った」との110番通報が寄せられた。

タイヤには警備会社の提供する位置情報端末が搭載されており、警備会社は端末が送ってきた位置情報を連絡。警察が周辺を捜索したところ、駐車場に止めてあった軽自動車の車室内に積まれていたタイヤを発見。このクルマを所有する37歳の男から任意で事情を聞いたところ、盗難を認めたために窃盗容疑で逮捕した。

この自動車部品会社では以前から盗難が相次いでおり、苦肉の策として在庫のタイヤに位置情報端末を取り付けていたという。逮捕された男は警察の調べに対して「警察が来たのでびっくりした」などと話していたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集