福井ホンダ社長、北米現地供給比率は8割基準

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの福井威夫社長は17日、最大の販売先である北米での現地生産車比率は8割程度を基準に維持していく考えを表明した。

ホンダの北米販売に占める現地生産車の比率は昨年度、ほぼ8割だった。今年度は新たに『フィット』を日本から供給するため、「一時的に若干低下する」(福井社長)見通し。

しかし、「需要地生産は不変の原則」とし、中期的には2008年稼動の米国新工場などにより同レベルを維持する方針だ。福井社長は、8割を超えるレベルを目指さないのは「北米の工場をできるだけ常時フル稼働にしたいから」と説明した。

稼働率を落とさないことで現地での安定雇用などを確保するという狙いだ。販売の2割程度は日本を中心とするグローバルな供給とし、北米の需要変動に備える。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集