中央発條、北米のコイルスプリング工場が完成

自動車 ビジネス 企業動向

中央発條は、北米の子会社のコイルスプリング新工場が完成し、11日に開所式を行なったと発表した。工場の投資額は約1000万ドル。

同社の子会社セントラル・スプリングがカリフォルニア州ストックトン市に建設中だったコイルスプリングを製造する新工場が完成した。新工場の敷地面積は2万6510平方メートルで、工場の建物面積は9659平方メートル。

新工場では、熱間コイルスプリングを月間3万−3万5000本を生産する予定で、7月から操業開始する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集