【ラジアルタイヤ徹底ガイド】日本生まれのスポーティラジアル…ミシュラン パイロット・プレセダPP2

自動車 ニューモデル 新型車

【ラジアルタイヤ徹底ガイド】日本生まれのスポーティラジアル…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】日本生まれのスポーティラジアル…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】日本生まれのスポーティラジアル…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】日本生まれのスポーティラジアル…ミシュラン パイロット・プレセダPP2

“パイロット”シリーズはミシュランの乗用車用タイヤの中のスポーツブランドだ。『パイロット・スポーツ・カップ』をハイグリップの筆頭に『パイロット・スポーツPS2』、『パイロット・プレセダPP2』という位置付けになる。

パイロット・プレセダPP2はミシュラン『X-ICE』と同じように日本にあるミシュラン・リサーチ・アジアで研究・開発された『パイロット・プレセダ』の2代目である。つまり日本の道をよく知っているタイヤで、ハイパフォーマンスだけでなく、乗り心地や静粛性といった快適性のレベルも高く、降雨量の多い日本の道を考えウエット性能にも気を配られている。

トレッドパターンは左右非対称でアウトサイドは大型のブロックと縦につながったリブが基本になっている。ショルダーブロックのスリット(間の溝)にはスタビリティー・ブロック・バーを設け、大きな力が掛かったときにもブロックが倒れ込むのを防いでしっかりとグリップさせるようなつくりだ。

いっぽうインサイドは小さなブロックとサイプを細かくレイアウトすることで、ウエットグリップとしなやかさによる快適性の確保を狙っている。

センターはブロックのように見えるが、間のサイプにはブリッジを設け、剛性を高めている。ウエットグリップを落とさずに直進付近のハンドルのフィーリングを向上させることが目的だ。

トレッドコンパウンドはシリカベースの新しいコンパウンドを採用している。ウエットとドライ、それぞれのグリップ性能を向上させているが、転がり抵抗や耐摩耗性能は犠牲になっていない。

偏平率は30/35/40/45/50/55/60とバリエーションがあり、径も14インチから19インチと幅広く揃っている。スピードレンジはVとWで、スポーツカー、ハイパワーのセダン、クーペ、あるいはミニバンにもマッチングする。

IMPRESSIONPROFILEタイヤ徹底ガイドTOP
試乗MOVIEQuickTimeWindows Media Player

《こもだきよし》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集