「ハイブリッド車は停滞している」と日産のゴーン社長

自動車 ビジネス 企業動向
「ハイブリッド車は停滞している」と日産のゴーン社長
  • 「ハイブリッド車は停滞している」と日産のゴーン社長
  • 「ハイブリッド車は停滞している」と日産のゴーン社長
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は25日、05年度決算の会見の中で、ハイブリッド車について触れ、「米国市場でハイブリッド車は伸びていない。停滞している」とその将来性について疑問符を投げかけた。

そして、それを裏付けるかのように、プロジェクターに米国市場の状況を映し出した。そこには、05年3月と06年3月の販売動向をを表した棒グラフが描かれ、さらにもう一枚には「トヨタ、フォードはインセンティブを使ってハイブリッドを押し売りしている」「ホンダ、ハイブリッド車減産の見込み」などという言葉が並んでいた。

「アメリカでのハイブリッドの販売状況を見ると、慎重にならざるを得ない。やはりビジネスマンならば、ちゃんと数字を見なければいけないと思う。この技術の正当性について、疑問視しなければならない」とゴーン社長は語った。

とはいうものの、日産はハイブリッドに関して、自前の技術を将来に向けて手がけているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース